お気に入り

能登町観光ガイド-能登半島|石川県能登町観光ポータルサイト

イカのモニュメント
愛称募集結果発表

のと九十九湾観光交流センター芝生内
巨大スルメイカの愛称が決定しました!

命名

イカキング

イカのモニュメント愛称募集選考にあたって

この度はイカのモニュメントの愛称募集にたくさんの方にご応募いただき誠にありがとうございました。
総勢909件もの応募のどれもがユニークであり、一つに決定するのは非常に困難な作業でした。
地域内外の皆様に、親しまれ、愛されるモニメントとして、今後ともより多くの人々に親しみを持っていただけることを願っております。

愛称選考委員会

最優秀賞

命名 「イカキング」
命名理由 見た目の大きさがイカの王様のようで、さまざまな調理法があることから料理の王様のようでもある。
命名者 塚田 静香さん(金沢市)

優秀賞

命名 「いかまる」 米山 綾菜さん(金沢市)
命名 「つくも大王」 清水 千鶴さん(金沢市)

モニュメントの概要

(1)建物の概要
場所 石川県鳳珠郡能登町字越坂18字18番1 イカの駅つくモール周辺(出入口芝生内)
規模 全長13.0m  幅9.0m
構造 内部 鉄骨(溶融亜鉛メッキ仕上げ)
本体 FRP(繊維強化プラスチック)にウレタン塗装
(2)主な機能
  • 口の中に入ることができ、モニュメントに食べられる疑似体験ができます。
  • イカの腕(触腕)に巻き付かれて捕まる体験ができます
(3)コンセプト
「食うか喰われるか」 イカの駅つくモールでイカを食べ、モニュメントに食べられる疑似体験
リアルさ 存在のインパクト、スルメイカを忠実に表現
楽しさ 家族・カップル・友達等様々な人に記憶に残る(撮影スポット)
おどろき 現実ではありえない、イカに喰われる疑似体験
安全性 構造・強度を考慮したフォルム
話題性 SNSやWEB、広告などにより「イカの町」を発信