お気に入り

能登町観光ガイド-能登半島|石川県能登町観光ポータルサイト

TOP > 特集 > 釣り > 釣り人を震わす魚影の濃さ。海流の交錯が生んだ絶好のフィールド能登内浦へ。

釣り人を震わす魚影の濃さ。海流の交錯が生んだ絶好のフィールド能登内浦へ。

釣り桟橋から沖合の平島へ

能登町北部の岬一帯に広がる赤崎海岸。群青の波色とは対照的な、赤褐色に染まる岩礁を眺めながら車を走らせていると、海沿いの静かな集落に突如として桟橋が現れます。

その桟橋とは、能登町有数の釣り場として知られる「フィッシングブリッジ赤崎」のこと。全長260mからなる赤レンガ敷きの橋が結ぶのは沖合の平島。長い年月にわたって内浦の穏やかな波に浸食された岩礁が魚たちにとって格好の隠れ家となり、一年を通してさまざまな種類の魚を釣ることができます。

今回は、ウキフカセ釣りのアングラーとして北陸を拠点に活動する宮村陽平さんと共に、赤崎海岸の平島へ。早朝より始まった釣行の様子をレポートします。

フィッシングブリッジ赤崎

フィッシングブリッジ赤崎

「ちょっと早めに到着したので下見をしてたのですが、このあたりは魚影が濃くていい雰囲気ですね」と宮村さん。魚影が濃いとは、水中に確認できる魚の数が多いとの意。波も少なく絶好の釣り日和で、大物への期待が高まります。

フィッシングブリッジを渡り終えると平島に到着。ここから理想のポイントにたどり着くまで、潮位によっては浅瀬を歩くことになります。赤崎海岸を訪れた8月某日の早朝はちょうど満潮の時刻。膝上まで満ちた海水をかき分けながら、ゆっくりと前進していきます。

藻が張り付いた岩場は滑りやすくなっているので注意が必要。

アタリ良好!魚影の濃さを実感

日本海といえば岩肌を叩きつけるような荒波が想像されますが、内浦と呼ばれる能登町の沿岸域は波穏やか。その上、水深が急激に深くなる地形で、岸近くまで魚が回遊しやすい特徴があります。また、沖合には暖かい対馬海流と冷たいリマン海流がぶつかる潮目も。海底から巻き上げられたプランクトンやそれを食べる小魚を求めて数多くの魚が集まります。沿岸を回遊する魚をターゲットにした定置網漁が盛んなのもそうした理由から。自然が生んだ地形によって、能登内浦には磯釣りや沖釣りに格好のフィールドが形成されているのです。

赤崎灯台も絶好の釣りポイント。

赤崎海岸でよく釣れるのは、クロダイ、メバル、カサゴ、アジ、スズキなど。ルアーを使ったアオリイカのエギングも盛んです。宮村さんが狙うのはクロダイ。日の入りから一時間前後、魚が活発になる「朝マズメ」が勝負の時間帯。潮の流れを読み取りながらポイントを探し出し、撒き餌で魚をおびき寄せはじめます。

撒き餌をすることで広いエリアから魚が集まり、攻めの起点が生まれる。

糸とハリの重さを利用して、水面に浮かぶウキの下から仕掛けを漂わせる「ウキフカセ釣り」は、宮村さんがもっとも得意とする釣りのスタイル。潮の流れや風向き、地形の把握など、自然との調和が要求されますが、宮村さんは「これくらい波が穏やかだと、海の中の様子が手に取るように分かります」と、ポイントの探しやすさを感じていたようです。

数匹のクロダイを釣り上げた後、ほどなくすると突如として宮村さんの竿が大きくしなります。これまでとは別格の引きの強さ。右へ左へと竿を動かしながらリールを巻く宮村さんの「大きいよ!」という叫び声に、周囲は緊張感に包まれます。

竿のしなりを見るだけでも、かなりの大物だというのが想像できる。

しばしの格闘の末に、釣り上げたクロダイのサイズは52cm。何年生きているのか分からないほどの大きさから「年無し」とも呼ばれる大物釣りに、これまで数多くのファイトを経験してきた宮村さんも驚きを隠せない様子でした。

気づけば太陽はすっかり昇り、気温の上がってくる時間に。よもやの大物にいまだ興奮さめやらぬ一行は、年無し釣りという圧巻の釣果によって赤崎海岸を後にします。

このサイズとなると、宮村さんでも年に数回出会えるかどうか。

小木港はアジ釣りのメッカ

じつは昨日から能登町に入り、港町の釣具店で情報を仕入れていたという宮村さん。磯や港の状況など的確なアドバイスをいただいたお礼も込めて、本日の釣果を知らせにお店を訪れました。

「小木港は大物アジが狙える釣り場としても有名なんですよ」と話すのは、内浦三大漁港のひとつ小木港にある釣具店「里磯」の店主さん。能登内浦はクロダイ、メジナ、メバル、アオリイカなど、静穏な海域を好む魚類や底魚が多く生息する海。しかしながら外浦寄りに位置する小木港は陸からヒラマサやブリが狙えるほど回遊魚の種類が豊富で、さらには湾内の水深がとても深く、大物も高確率で出現するのだとか。

とくに東一文字堤は県外からも釣り人が訪れるほどで、地元の釣り人によれば今年の冬に30cm級のアジを100匹以上釣って帰った人もいたそうです。

不慣れな地で健闘した宮村さんを暖かく迎える地元の釣り人たち。

50〜60cm級のほとんどが、堤防や磯などの陸っぱりから釣り上げられたものだそう。

県内有数のアジングポイントとしても知られる一文字堤。

小木港からほど近い「九十九湾」は、天候に左右されず釣果が期待できる釣りスポット。大小の入江が複雑に入り組むリアス海岸のため波が立ちにくく、魚種、魚影ともに極めて豊富。ほかの釣り場がシケていても「九十九湾に着いたらさざ波だった」ということもよくあるそうです。

さらには湾内に浮かべた小舟や筏から竿を出すカセ釣り、シーカヤックやSUP(スタンドアップパドル)フィッシングなど、より自然と近い距離で釣りが楽しめるのも九十九湾の魅力。このあたりは遠方から訪れる釣り人も多く、釣った魚を調理してくれるなど融通の利く宿泊施設がほとんど。中には、もてなしのひとつとして敷地内に釣り桟橋を架けるホテルもあります。

また、九十九湾は日本百景にも選ばれるほど、風光明媚な海岸としても知られています。のんびりと海を眺めながら糸を垂れるのも釣りの醍醐味。「こうした美しい海の景色を守るためにも、釣り人はごみを残さず持ち帰ることが大事なんです」と宮村さんは言います。

九十九湾にて釣りをする親子

初心者向けの釣り場も充実。

宇出津などの漁港や一部の堤防など禁止されている区域もありますが、能登町の海岸線は基本的にどこでも釣りが楽しめるとのこと。とくに「宇出津新港釣り公園」の桟橋は足場がよく、フェンスもあるので小さな子供がいる家族連れでも安心。近くには海や魚に関する知識が学べる「うみとさかなの科学館」もあります。

「フィッシングブリッジ赤崎」の桟橋も初心者におすすめ。水深が浅く釣果にムラが出やすいものの、週末になると地元の子供たちでにぎわう人気スポットとなっています。

クロダイ釣りといえば、能登の夏の風物詩「スイカ釣り」も忘れてはいけないところ。サイコロ状にカットしたスイカを寄せ餌に、砂糖漬けにしたスイカを付け餌にする伝統釣法。もともとは三浦半島や房総地区で発展した釣りですが、海面にスイカがぷかぷかと浮かぶ奇妙な光景を能登町の海でも見ることができます。

宇出津新港釣り公園

釣り船をチャーターしての本格的なルアー釣りも人気。

「能登町の釣り場をいくつか回って感じたのは、竿の出せる所ならどこでも釣れるといって良いほど、魚影の濃さがハイレベルだということ。波は穏やかでも潮の動きがあるので、魚が集まるのだと思います。とくに私がポイントに選んだ平島は、島全体に海藻が繁茂していて魚がつきやすい場所のようでした。海岸線に観光地が点在して、公共のトイレや駐車場が多いのも釣り人には有り難いですね」。小木港の釣具店を出た後、宮村さんはそんな言葉で能登町での釣りの魅力を語ってくれました。

そしてもうひとつ、釣具店で出会った地元の釣り人たちの温かさが忘れられないとも。漁を生業とする能登町の暮らしは、海と人の暮らしとの境が途切れることなく、ひと続きになっています。いわば釣り人は同志のような存在。はじめて訪れた地にも関わらず温かく迎えてくれる町の人々は、釣り人にとってこの上ない「心の支え」となっているようでした。

お気に入り追加