樹齢およそ550年。2本のうち1本の大きさは根回り6.2m、胸高周囲4m、樹高25mにも達しています。
2本の藤が互いに寄り添うように立ち上ることから「夫婦藤」とも呼ばれています。また、昇龍(しょうりゅう)と臥龍(がりゅう)と名付けられた夫婦藤の幹に触れて愛を誓うと、その愛は不動のものになると古来より言い伝えられ、「縁結びの藤」とも言われています。