お気に入り

能登町観光ガイド-能登半島|石川県能登町観光ポータルサイト

酒垂神社

酒垂神社は、平安時代のはじめ(833年~850年)に創建されました。その昔、神様がアイの風が吹くままに酒樽に乗ってやって来たと言い伝えられ、お酒の神様が神社名の由来にもなっています。神社から見下ろす町並みの景観に昔ながらの日本の原風景を感じることができるでしょう。

お気に入り追加
住所 〒927-0433 石川県鳳珠郡能登町字宇出津ウ141
電話番号 0768-62-0421
祭礼

曳山祭
毎年4月第3土・日曜日「曳山祭」が開催されます。

あばれ祭
毎年7月第1金・土曜日「あばれ祭」が開催されます。

お参りで恋愛成就

宇出津地区を守る酒垂神社に奉られている大山祇命(おおやまつみのみこと)は、長寿の神である岩長姫(いわながひめ)と、美貌の神である木花開耶姫(このはなさくやひめ)の二人の娘を宮家(ににぎ)に嫁がせたとされています。
酒垂神社を参拝し、お父様のご利益を得て、美しく健やかなパワーをいただきましょう。そして、この地域で北東から吹くとされている「アイの風」を感じながら石畳を歩いてみましょう。

近隣の観光スポット

関連記事